TAKiBIphoto by Koji Fujii

Akihiko Tochinai一級建築士 第359128号 管理建築士

  • 1980年神奈川県生まれ
  • 2004年芝浦工業大学工学部建築学科卒業
  • 2006年芝浦工業大学大学院理工学研究建設工学専攻修了
  • 2006〜2017年株式会社難波和彦+界工作舎
  • 2017年一級建築士事務所TAKiBI共同設立
  • 2022年〜東京都市大学非常勤講師
著書
『建築家の読書塾』(2015年 みすず書房) ※共著
難波和彦+界工作舎 栃内担当作品

Kiyo Sato

  • 1981年福岡県生まれ
  • 2004年九州芸術工科大学(現九州大学)芸術工学部環境設計学科卒業
  • 2006年九州大学大学院芸術工学府芸術工学専攻修士課程修了
  • 2006〜2010年株式会社商店建築社
  • 2011年〜フリーランス編集ライター
  • 2017年一級建築士事務所TAKiBI共同設立

Awards

About TAKiBI

  • 一級建築士事務所 TAKiBI:Tochinai Akihiko Kiyo Building I
  • 登録:一級建築士事務所 東京都知事登録 第61623号
    建築士賠償責任補償制度
  • 加盟組織:日本建築学会 会員No.1932349(栃内) No.1940889(佐藤)
    東京建築士会 正会員No.21900019
  • 東京オフィス:〒166-0013 東京都杉並区堀ノ内3-49-5
    湘南オフィス:〒251-0031 神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷1-3-12-101
  • Tel:03-6325-9391
  • E-mail:contact@takibi-archi.com

Philosophy

遠い昔、「焚き火」は人々の暮らしに欠かせない営みでした。
炊事や場を暖めるエネルギーの原型として重宝されると同時に、人が火を囲むことで、そこにはコミュニティが生まれます。
また、木の枝を組み上げて火を灯す行為には、知恵と工夫が詰まっており、そのプロセス自体が創造的な行為であることにも気づかされます。
やがて「焚き火」は技術の進化とともに「炉」という設備にかたちを変えて、建築を構成する基本要素の一つとも言われるようになりました。
私達はそんな「焚き火」のように、自然やエネルギー、技術、機能とデザインを結びつけることを心がけ、
枝木から、かけがえのない価値を生み出すような、ものづくりを提案していきたいと考えています。

ページトップに戻る